死亡事故の損害賠償

02004.jpg  
交通死亡事故では、ご遺族は、加害者(保険会社)に対して、損害賠償として以下の4つの費目の請求をすることができます。

死亡事故の損害賠償

  分類 項目
死亡するまでの怪我による損害 治療関係費、付添看護費、休業損害など
葬儀関係費用 戒名、読経料、葬儀社への支払いなど
逸失利益 被害者が生きていれば得られたはずの収入
慰謝料 被害者および遺族の精神的苦痛に対する賠償

死亡事故の損害賠償額についても、ある程度の基準があります。適正な賠償金を受け取るためにも、賠償金計算には十分に注意する必要があります。
 

葬儀関係費用

葬儀そのものにかかった費用、四十九日の法事の費用、仏壇購入費、墓碑建立費などについて、社会通念上相当と認められる限度において、自賠責保険では60万円まで、裁判所基準では150万円程度をめやすに、認められます。なお、香典返しは、損害として認められません。
 

慰謝料

被害者の遺族が、被害者本人の慰謝料、および遺族固有の慰謝料を請求することができます。
慰謝料についても、自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所基準によって、その金額が大きく異なるので、注意することが必要です。
 

裁判所基準による慰謝料額

ケース 慰謝料金額のめやす
一家の支柱 2800万円
母親、配偶者 2400万円
その他 2000~2200万円

死亡事故の損害賠償額についても、ある程度の基準があります。適正な賠償金を受け取るためにも、賠償金計算には十分に注意する必要があります。
 

葬儀関係費用

葬儀そのものにかかった費用、四十九日の法事の費用、仏壇購入費、墓碑建立費などについて、社会通念上相当と認められる限度において、自賠責保険では60万円まで、裁判所基準では150万円程度をめやすに、認められます。なお、香典返しは、損害として認められません。
 

慰謝料

被害者の遺族が、被害者本人の慰謝料、および遺族固有の慰謝料を請求することができます。
慰謝料についても、自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所基準によって、その金額が大きく異なるので、注意することが必要です。
 

自賠責保険基準の慰謝料

対象 ケース 慰謝料金額
被害者本人 - 350万円
被害者の父母、配偶者、子 遺族が1名の場合 550万円
被害者の父母、配偶者、子 遺族が2名の場合 650万円
被害者の父母、配偶者、子 遺族が3名以上の場合 750万円
被害者に被扶養者がいる場合には、上記金額に200万円が加算されます。

死亡事故についてはこちらもご覧下さい

●死亡事故について ●死亡事故の損害賠償 ●死亡事故の逸失利益

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop14.jpg
●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用
北海道旭川市1条通8丁目348番地2 旭川一条ビル4階
TEL:0166-25-5866 FAX:0166-25-5867
初めての方でも安心してご相談いただける地元旭川の法律事務所です。
Copyright © 旭川つばさ法律事務所 All Rights Reserved.