12級と14級の違い

 むちうちは、後遺障害として等級認定をされた場合、14級9号または12級13号に認定されますが、両者では後遺障害の賠償金に大きなひらきがありますので、この違いについて十分に理解をすることが必要です。   06018.jpg
 14級9号は、「局部に神経症状を残すもの」である場合に認定されます。14級9号を受けるためには、医師による神経学的所見と、被害者の自覚症状とが一致していることが必要です。
 
 他方で、12級13号の場合は、「局部に頑固な神経症状を残すもの」である場合に認定されます。画像所見12級13号を受けるためには、医師による神経学的所見に加え、レントゲン画像やMRI画像が必要です。MRI画像については、機器によって撮影される画像の鮮明度が異なるので、もし12級13号に該当する症状があったとしても、適切な画像が撮影できるMRI撮影装置がある病院でなければ、その等級認定を得ることが難しいといえます。
 

12級13号と14級9号との違い

等級 医師による必要所見 自賠責保険の支払限度額
12級13号
・神経学的所見
・画像所見
224万円
14級9号
・神経学的所見
・自覚症状と一致
75万円

むちうちについてはこちらもご覧下さい

●むちうち(鞭打ち)について ●12級と14級の違い

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop14.jpg
●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用
北海道旭川市1条通8丁目348番地2 旭川一条ビル4階
TEL:0166-25-5866 FAX:0166-25-5867
初めての方でも安心してご相談いただける地元旭川の法律事務所です。
Copyright © 旭川つばさ法律事務所 All Rights Reserved.