醜状障害について

26 醜状障害.jpg  
 交通事故による怪我の場所によっては、傷痕ややけど痕が残り、醜状(しゅうじょう)と呼ばれる後遺障害になることがあります。
 
 等級認定においては、かつては、性別によって異なりました。しかし、平成22年に、京都地裁で、性別の違いによって後遺障害等級が異なることは、男女平等を定めた憲法に違反するという判決が出て、その後の醜状障害における性別による等級認定差はなくなりました。
 現在の、醜状障害による後遺障害の認定基準は以下のとおりです。
 

醜状障害の認定基準

等級 認定基準
7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの
9級16号 外貌に相当程度の醜状を残すもの
12級14号 外貌に醜状を残すもの
14級 4 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
5 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの

 外貌の醜状において特に注意しなければならない点は、他人が見て傷を負っていることが明確に分かる必要があるという点です。瘢痕、線状痕、組織陥没があっても、頭髪などによって隠れてしまう部分については、醜状として扱われません。

他の後遺障害についてはこちらをご覧下さい

●後遺障害の種類 ●高次脳機能障害 ●遷延性意識障害(植物状態)
●脊髄損傷 ●眼の後遺障害 ●耳の後遺障害
●鼻の後遺障害 ●口の後遺障害 ●上肢(肩、腕)の後遺障害
●手の後遺障害 ●下肢の後遺障害 ●足指の後遺障害
●醜状の後遺障害 ●むちうち(鞭打ち)について ●12級と14級の違い

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop14.jpg
●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用
北海道旭川市1条通8丁目348番地2 旭川一条ビル4階
TEL:0166-25-5866 FAX:0166-25-5867
初めての方でも安心してご相談いただける地元旭川の法律事務所です。
Copyright © 旭川つばさ法律事務所 All Rights Reserved.