下肢の後遺障害について

24 下肢.jpg  
 交通事故で、足に後遺障害を負ってしまう場合があります。下肢は、股関節、膝関節及び足関節の3つの関節で構成されています。下肢の後遺障害は、主に、骨折、脱臼や神経損傷などによってひきおこされます。
 
 下肢の主な後遺障害の症状には、「骨癒合が不良である」、「骨折した下肢が短縮した」、「可動域が制限されてしまった」などがあります。
 
下肢の後遺障害の認定基準は以下のとおりです。

下肢の後遺障害の認定基準

下肢の欠損障害

等級  認定基準
1級5号  両下肢をひざ関節以上で失ったもの
2級4号 両下肢を足関節以上で失ったもの
4級5号 1下肢をひざ関節以上で失ったもの
4級7号 両足をリスフラン関節以上で失ったもの
5級5号 1下肢を足関節以上で失ったもの
7級8号 1足をリスフラン関節以上で失ったもの

機能障害

等級  認定基準
1級6号 両下肢の用を全廃したもの
5級7号  1下肢の用を全廃したもの
6級7号 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
8級7号 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
10級11号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
12級7号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

変形障害

等級  認定基準
7級10号 1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
8級9号 1下肢に偽関節を残すもの
12級8号 長管骨に変形を残すもの

短縮障害

等級  認定基準
8級5号  1下肢を5㎝以上短縮したもの
10級8号 1下肢を3㎝以上短縮したもの
13級8号 1下肢を1㎝以上短縮したもの

 下肢の後遺障害の等級認定においても、上肢同様に、可動域の測定が重要です。可動域の測定が適正に行われなかったために、本来得られたであろう等級認定が得られない場合もあります。

他の後遺障害についてはこちらをご覧下さい

●後遺障害の種類 ●高次脳機能障害 ●遷延性意識障害(植物状態)
●脊髄損傷 ●眼の後遺障害 ●耳の後遺障害
●鼻の後遺障害 ●口の後遺障害 ●上肢(肩、腕)の後遺障害
●手の後遺障害 ●下肢の後遺障害 ●足指の後遺障害
●醜状の後遺障害 ●むちうち(鞭打ち)について ●12級と14級の違い

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop14.jpg
●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用
北海道旭川市1条通8丁目348番地2 旭川一条ビル4階
TEL:0166-25-5866 FAX:0166-25-5867
初めての方でも安心してご相談いただける地元旭川の法律事務所です。
Copyright © 旭川つばさ法律事務所 All Rights Reserved.