耳の後遺障害について

19 耳.jpg  
 交通事故によって耳に後遺障害を負ってしまう場合もあります。耳の後遺障害には、聴力障害、欠損障害や耳鳴・耳漏などがあります。
 
 耳の後遺障害の認定基準は以下のとおりです。

耳の後遺障害の認定基準

【聴力障害】

1)両耳の聴力に関するもの
等級 認定基準
4 級 3 号 両耳の聴力を全く失ったもの
6 級 3 号 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
6 級 4 号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が 40cm 以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
7 級 2 号 両耳の聴力が 40cm 以上の距離では、普通の話声を解することができない程度になったもの
7 級 3 号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
9 級 8号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
10 級 5 号 両耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
11 級 5 号 両耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

2)片耳の聴力に関するもの
等級  認定基準
9 級 9 号  1耳の聴力を全く失ったもの
10 級 6 号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
11 級 6 号 1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
14 級 3 号 1耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することができない程度になったも

 

【欠損障害】

等級  認定基準
12 級 4 号 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの

 聴力障害については、障害等級表の両耳の聴力障害で認定するため、片耳ごとの等級による併合の扱いは行わない点に注意が必要です。
 
 耳の後遺障害についても、頭部外傷によって聴覚神経に影響が発生し、後遺障害を負ってしまう場合もあります。そのため、耳の後遺障害においては、耳鼻科で診察を受けること以外にも、神経内科や脳神経外科での診察を受けることも重要です。
 

他の後遺障害についてはこちらをご覧下さい

●後遺障害の種類 ●高次脳機能障害 ●遷延性意識障害(植物状態)
●脊髄損傷 ●眼の後遺障害 ●耳の後遺障害
●鼻の後遺障害 ●口の後遺障害 ●上肢(肩、腕)の後遺障害
●手の後遺障害 ●下肢の後遺障害 ●足指の後遺障害
●醜状の後遺障害 ●むちうち(鞭打ち)について ●12級と14級の違い

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop14.jpg
●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用
北海道旭川市1条通8丁目348番地2 旭川一条ビル4階
TEL:0166-25-5866 FAX:0166-25-5867
初めての方でも安心してご相談いただける地元旭川の法律事務所です。
Copyright © 旭川つばさ法律事務所 All Rights Reserved.