• HOME
  • 外部の専門家との連携について

外部の専門家との連携について

 交通事故被害で負った怪我は,場合によっては,後遺障害として事故後の生活に大きな影響を及ぼすことがあり,その際に,適正な保障を得られるかどうかは,事故後の生活を大きく左右します。

 交渉や裁判は弁護士の仕事ですので,まずは弁護士が窓口になることが必要ですが,当事務所では,事故後に適正な保障を得られるよう,以下のように,外部の専門家と連携をしています。

後遺障害

 後遺障害が残ってしまう可能性がある場合,治療の段階から後遺障害の専門家に相談し,適切な治療を受けることが重要です。
 さらに,後遺障害等級認定の審査に際しては,適正な等級認定を受けるために,被害者側で,入念に準備をして,等級認定審査の申請をすることが重要です。
 当事務所では,後遺障害の等級認定支援の経験豊富な行政書士と連携し,交通事故被害者の支援を行っています。

 ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所(所長 太田満行政書士)のサイトはこちらです。

障害年金

 後遺障害12級以上に該当した場合,症状によっては,障害年金を受給できる可能性があります。
 当事務所では,後遺障害認定後のサポートとして,障害年金の専門家である社会保険労務士と連携し,交通事故被害者の支援を行っています。

 北海道中央障害年金センター(所長 渡邊茂光社会保険労務士)のサイトはこちらです。
北海道旭川市1条通8丁目348番地2 旭川一条ビル4階
TEL:0166-25-5866 FAX:0166-25-5867
初めての方でも安心してご相談いただける地元旭川の法律事務所です。
Copyright © 旭川つばさ法律事務所 All Rights Reserved.