• HOME
  • 交通事故問題でお悩みの方へ

交通事故問題でお悩みの方へ

 自動車は、私たちの生活に,欠かせない乗り物です。
 便利な乗り物ですが,運転には,交通事故のリスクが伴います。

 旭川市内だけでも,毎年約1000件の交通事故が発生します。
 特に道北地方では,冬場に事故が集中して発生します。
 冬道を走行する自動車は,わずかなブレーキ操作のミスでスリップし,センターオーバーによる正面衝突によるなどの,大きな事故につながります。
 また,交差点で停止している車両に,後方から来た車が,凍結路面で止りきれずに追突する事故も,少なくありません。
 自分は安全運転をしていても,回避できない交通事故に巻き込まれる可能性は,常にあります。
      
  04017.jpg
 交通事故は,突発的に起こるものです。
 
 一瞬前まで楽しくドライブをしていたのに,一瞬後には,愛車は大破し,自分は怪我をします。時には,家族や友人が傷つくこともあります。「自分は,普通に安全運転をしていたのにどうして…」という,精神的なショックは大きなものです。
 
 人身交通事故の場合,被害者の方は,肉体的,精神的ダメージを受けた上に,休業や入院通院の治療により,経済的ダメージも受けることになります。
 そして,不幸なことに,治療を続けても完治にいたらず,後遺障害が残り,生涯の損失を被る場合もあります。
 
 このような人身交通事故に遭うと,被害者は,相手の任意保険会社と示談交渉をすることになります。
 保険会社の担当者は,交通事故の保険処理のプロですから,豊富な知識を持っています。
 交通事故被害者は,複雑な保険制度や損害賠償の仕組みについて,相当な勉強をしなくては,太刀打ちができません。しかし,怪我の治療を続けながら,そのようなことに時間を取ることができる人はわずかです。
 
 治療がある程度進むと,保険会社から示談金額の提示がなされます。この提示書面には,自賠責基準,ライプニッツ係数等の専門用語が並び,もっともらしい数式も記載されています。
 
 治療や日々の生活に追われる被害者は,相手方保険会社が提示する損害賠償額を「正直何を言っているかわからないが,保険会社の担当が言うのだから,少なくとも大きく相場から外れることはあるまい」と考え,示談に応じざるをえなくなます。
 
 しかし,保険会社からの提示額は,本来受けられる賠償額よりも低額な場合が多いのです。
 
 提示された賠償額が適正でない場合は,弁護士が保険会社と交渉することによって,適正な賠償額に増額することができます。
 
 当事務所でも,「保険会社から事故の賠償金に関する提示があったが,それが適正な金額かどうか分からない」というご相談を頂き,結局,賠償金が当初の提示額から約3倍に増額されたということもあります。
 
 いったん保険会社との示談が成立してしまうと,後で保険会社の提示額が適正でないと気づいても,それ以上の金額を受け取ることができなくなります。
 
 人身交通事故の被害者の方には,示談前に,早い段階から,交通事故の専門家である弁護士に相談することをお勧めします。
 
 損害賠償金や示談,後遺障害等級認定などに関して,疑問やお悩みがございましたら,
どうぞお気軽に当事務所にご連絡下さい。
 
 地域密着の弁護士として,誠実かつ迅速に,道北地方のご相談者様のサポートに全力を尽くして参ります。
 

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop14.jpg
●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用
北海道旭川市1条通8丁目348番地2 旭川一条ビル4階
TEL:0166-25-5866 FAX:0166-25-5867
初めての方でも安心してご相談いただける地元旭川の法律事務所です。
Copyright © 旭川つばさ法律事務所 All Rights Reserved.